資金を作るために株を始める人が多くいます。というより、ほとんどの目的は資金収集だと思います。しかし、生活資金であったり、「必ずなくてはならないもの」のために株を始めるのは少し危険かもしれません。

株は儲かるだけじゃない

ストップ高やASXといった株の用語に関すること

株には様々な用語があるので、よく理解をしないまま投資をすると大きな損失を出してしまうおそれもあるのでしっかり覚えておくことが大切です。
株をしていて比較的耳にしやすい用語としては、ストップ高というものがありこれは一体どのようなものかというと、日本の株式市場では投資家保護のために一日の株価の値幅に関して制限があり、その制限の中で値が動く仕組みになっています。
そして、その天井に当たる価格のことをストップ高といいます。
なにか大きな材料が出た場合であったり、業績が好調で株価が割安と判断され買い手の数が多くなると価格がどんどん上がっていくことになり、ストップ高になるということがあります。

このような銘柄を購入する意味はあるのかと思う人もいるかもしれませんが、その日はそれ以上値上がりをすることはありませんが、翌日からは買い手の数が多いだけに大きく上昇した位置で始値が付く可能性が高いだけに、その日はそれ以上の値上がりがなくとも翌日以降の値上がりを期待して購入するという戦略を取る事ができます。